無垢テーブルの選び方

 

無垢材のテーブルは、大量に生産される突き板や合板のテーブルとは全く異なります。

天然の木材を使うため、木の表情はそれぞれ違ってくるので、同じものは二つとありません。

表情を決めるのは樹種の美しい木目であるため、まずはテーブルを選ぶときには

お好みの色目や木目の流れなどをイメージしてどの樹種で作られたものを選ぶかを決めましょう。

(無垢材の特徴をご参考ください)

 

一般的に、無垢材の中でも広葉樹は硬く、針葉樹は柔らかいという性質の違いがあります。

テーブルは、物を置いたり移動させたりするため、丈夫で硬い広葉樹の材をお勧めしています。

色目は大きく分けて、しっかり色がついたこげ茶っぽい色目と、明るくて白っぽい色目があります。

この色目も、合わせる椅子やチェストなどの家具、床材、建具などの色目とコーディネートして決めると良いでしょう。

一つ一つ丁寧に作られた無垢材のテーブルは、長く使い込むうちに味わいが増していきます。

経年変化した時の色もイメージしてみてください。

 

無垢のテーブルは、樹種によって手触りも違ってきます。

同じように表面にやすりをかけて仕上げの塗装をしても、肌触りが違います。

はっきりとした力強い木肌のものと、つるつる滑らかな触感のものがあります。

男性的な力強い木肌には主にタモ材やオーク材、

 

つるつるしたきめの細かいものにはウォルナットやメープルなどがあります。

 

天然無垢材の、それぞれ持ち合わせた樹種の芸術的な木目、色目、肌触りの好みを良く知ることは、

無垢のテーブルを選ぶ重要なポイントです。