テーブルのサイズの選び方

 

①サイズ

食事をするときに必要な1人分の寸法は、幅60cm、奥行き40cmです。


 

お皿が並ぶ寸法、お互いに肘がぶつからないように食事ができる寸法は、これに家族の人数をかければ計算できます。

長方形のテーブルならば、4人用は幅120cm×80cm、6人用で幅180cm×80cmとなります。

これは必要最小限の寸法ですので、大きなお皿を使ったり、お客様の多かったりするご家庭は、

これよりも余裕のあるテーブルサイズを選ぶと良いでしょう。

円テーブルだと、一人分の目安が60cm、4人掛けだと円の直径が100cm、6人だと120cm

あると窮屈を感じることなくお食事ができるテーブルサイズです。

 

②高さ

テーブルの高さは、日本人に合わせた高さだと①約70cm前後。

椅子の座面とテーブルの天板の高さの差を③差尺といいますが、

差尺は座高の1/3より2~3cm差し引いた寸法が目安となります。

わずか1cm違うだけで座り心地が左右されるといわれます。だいたい27cm~30cmが目安となります。

 

 

日本人の体型に合った椅子の④座面の高さが約40cm(*座高は身長×0.55が目安です。)。

テーブルの高さはこれを基準にした高さです。日本人がくつろいで食事をすることを考えたサイズです。

また、見落としがちなポイントはテーブルの②脚と脚の間のサイズです。天板そのもののサイズをわかっていても、

脚の付き方、太さで椅子がテーブルの下に納まらない場合があります。

もうひとつは幕板から床までの高さ。

アームチェアの場合は、アームがテーブル下に収まらないこともあるので注意が必要です。