ウレタン塗装で仕上げる理由

 

私たちが作る無垢材テーブルはほとんどをウレタン塗装で仕上げています。

 

無垢材家具というとオイル塗装仕上げが多い中で、なぜ敢えてウレタン塗装なのか?

その理由は「使いやすさを一番に選んだから」です。

 

無垢材のテーブルを使う際にネックになることの一つが、お手入れ方法だと思います。

「小さい子供がいるから、汚れが怖いから」と無垢材のテーブルの購入を諦めてしまったり、

購入したものの、ビニールのシートを敷いて木の風合いがわからない状態で使用しているという声をたくさん聞きました。

そんな方にも気軽に無垢テーブルの良さを知っていただきたい、

無垢材テーブルを使用する際のハードルを下げたいと考えて

私たちは扱うテーブルを、非常に薄いウレタン塗装で仕上げることにしました。

 

機械で全体を薄く塗装します。

 その後にムラがないか細かくチェックします。一つ一つ手作業で行います。


どのくらいの厚さでコーティングすれば無垢の風合いを損なわず、ウレタンの性質をキープできるか?

欲ばりな思いを実現すべく、何度も試して今の塗装になりました。

ウレタンは耐久性にも優れており、特別なお手入れが必要ありません。

みなさんの様々なライフスタイルの中に無理なく取り入れていただくための、ベストな選択だと思っております。

おかげさまでお子様やペットがいるご家庭でもストレスなく安心してお使いいただけると、大変ご好評をいただいております。

お手入れについてはこちらで詳しくお読みいただけます)


しかし、オイル塗装だからこそ表現できるデザインや風合いもあります。

いつかお客様のお好みに合わせてオイル塗装とウレタン塗装をお選びいただけるようにできるのが、目標です。

 

無垢材の仕上げ塗装について