無垢材とは?


無垢材とは何か 

無垢材とは、原木から直接切り出しをした板や角材のことです。本来は、無垢材とは、一本の木から切り出された、一枚板を指します。しかし、家具の場合、1枚板に限らず、総天然木のブロック状の無垢材をつなぎ合わせたものも、無垢(むく)と呼ばれます。無垢材以外には、表面に張り物をした突き板仕上げなどの種類があります。 

 

無垢材の構造について

無垢材は、構造的に3つの種類に分けられます。上から下に行くほど値段が上がります。

① 集成材・フィンガージョイント バットジョイント等

小さ目の無垢板材を集めてまとめた集成板の事を指します。それぞれの木材の端部を、指と指を組み合わせたようにジグザグに切削加工して、相互にはめ込んで接着する、フィンガージョイント接合方法や、モザイク状に貼り合わせたバットジョイント製法等があります。

② 巾接ぎ(はばはぎ)板

巾の狭い木材の側面同士を巾方向に接着し、1枚の広い板にするという技術のことを巾接ぎと言います。巾接ぎ材はその技術を使用して作った木材です。 ①の集成材より、接合部分が少なく、より無垢材に近い風合いです。

③ 一枚板 一本の木からとった無垢の木材。

現在入手しにくく、高価です。

 

無垢材以外の家具用木材 

木製家具と言われるものには、無垢材以外の素材で作られたものがあります。

無垢材との違いを明確にするために、無垢材以外の木材の種類を説明します。

① 突き板仕上げ

突板とは材木の木目のきれいな部分を薄くスライスしたものです。突き板仕上げとは、そのスライスしたものを芯材に接着して無垢材に見せた仕上げの木材です。

② 合板

薄くスライスした(1mm~3mm)単板を木の繊維を、縦・横交互に直角に複数枚張り合わせて、一枚の板に加工したものです。

 

無垢材の長所と短所 

無垢材には天然素材ならではの長所と短所があります。 

【長所】

・ 木のぬくもりや重厚感をより感じられる。

・ 丈夫で耐久年数が長く、アンティークになっていく。

・ 削り直しなど修理をすることにより、新品同様によみがえる。

・ 調湿作用があり、断熱・保温効果を発揮する。

・ 使用する接着剤が少なく、安心して使用できる。

【短所】

・ 人工の素材に比べて重い(樹種による)

・ 反りや割れなどの変形が出ることがある。

・ 同じ木目・色のものを大量生産できない。個体差がある。

 

無垢材は、加工に大変時間と手間がかかる素材のため、突板や合板など、人口的に合成された木材よりも、高価です。

しかし、私たちが作るテーブルは、全て無垢材を使用しております。

それは、無垢材という自然から切り出したそのままの貴重な素材を大切に使用し、無垢材が持つ、

風合いや生命力が生きるデザインのテーブルを提供したいと思っているからなのです。