【主な生産地】

ラバーウッド(ゴムノキ)はブラジル原産のドウダイグサ科広葉樹です。

ブラジル・東南アジア・南太平洋といった暑い地域に育成しています。

 

【木の色味・経年変化】

心材も辺材も淡黄白色で差はほとんどなく、肌目はやや粗めで、木目はほとんど直通です。

クセのない木目と滑らかな肌触りで、着色もしやすく、価格もお手頃なため日曜大工の材料として需要も高いです。

 

【その他特徵】

ラバーウッドはたくさんの無垢材を貼りあわせて大きな一枚の板にした「集成材」という

加工方法で使用されることが多いです。

この方法で加工すると、無垢材でも木の狂いが少なく、反りや割れも発生しにくくなります。

ラバー材の樹液は合成ゴムの原料として採取されます。

以前は樹液が採取された後の原木は廃棄されていましたが、乾燥技術の向上により、

家具材として使用できるようになりました。

またラバーウッドは成長が早く、プランテーションで計画栽培されているので、資源の有効活用と環境保護に役立っています。