ホワイトオーク無垢材とは

 

【主な生産地】

北米大陸に広く分布するブナ科の落葉樹林。

日本・中国・ロシアが産地のものはブナと呼ばれ古くから使用されてきました。

 

【木の色味・経年変化】

辺材は白色で、心材は黃褐色、使うほどに色が濃くなります。

大きな放射組織があるため杢目は美しい縞模様を作り、それが虎の皮の縞模様に似ているため「虎班(とらふ)」

と呼ばれており、この部分は硬くて良い部分とされています。

またこの杢目は光の受け方によって優しい銀色に輝くことから「シルバーグレイン」とも呼ばれることもあり、

シンプルな中に個性豊かな表情を見ることができます。

 

【その他特徵】

樹高は18~30mの大きな樹木で、その威厳のある美しい樹形から、

英国ではKING OF FORESTと尊ばれてきました。

硬く重厚で耐久性に優れたホワイトオークは、長く使える家具材としてヨーロッパでも重宝され、

またワインやウイスキーを芳醇な味わいへ熟成させる樽の材料としても古くから使われていることも有名です。

柔らかい黃褐色は和洋どちらの家具にも使いやすく、とても人気の木材です。