経年変化とは


経年変化とは月日が経つごとに製品の品質・性能が変化することです。

無垢材の変色は、木材中の成分が変化して別の色を持った成分に変わるために生じます。

樹種によって変化の様子はさまざまですが、長年使うことによって必ず色が濃くなったり色あせたり

木目の濃さが変化したりしていきます。

色が変化する最も大きな要因は紫外線の影響と塗装です。無垢材の家具はほとんど塗装が施されていますが、

オイル塗装とウレタン塗装を比較するとオイル塗装の方が変色しやすいです。

オイル自体が濃色に変化する特性があり、木材の色の変化との相乗効果でより色が変化するからです。

ウレタン塗装の場合はオイル塗装よりも変化しにくいですが、紫外線の影響で黄色に変化しやすい傾向があります。

 

経年変化の参考として、下記のような変色が見られます。

 

※ウォルナット/アッシュ

→紫実や黒味が感じられる強いダークブラウンから柔らかい茶色へ。

※メープル/オーク

→深みを増し落ち着いた色味へ。

※チーク

→色むらが穏やかになり、木目やシミが薄れて整った印象に。

 

 

無垢材は天然のものでありますので、必ずこの色になるということは言い切れません。

それぞれの木がもともと持っている性質や置かれた環境が変色には大きく影響します。

私たちは、この経年変化も無垢材のもつ長所ととらえており、

変化を味わうことも無垢材のテーブルを使う上での醍醐味だと考えます。

私たちの作るテーブルは非常に薄いウレタン塗装で仕上げておりますので、お手入れの心配をしていただくことはありません。

しかし、無垢材の良さを残すように非常に薄くコーティングして、

無垢材ならではの経年変化も楽しんでいただけるように仕上げました。

生活の中でゆっくりとしたスピードで自然と変化していく様子を楽しんでいただけます。