ホワイトアッシュ無垢材とは

【主な生産地】

ホワイトアッシュとはモクセイ科トネリコ属の落葉広葉樹です。

「アッシュ」と省略され表記されることも多いです。北米全域、特に中東部に多く生育しています。

 

【木の色味・経年変化】

辺材は白色で心材は帯灰色、清潔感のある白系の色はとても上品で、和洋どちらの空間にもなじみやすく、

一般住宅から店舗の内装まで大変人気がある素材です。

使い込むほどに木肌は馴染み、少し黄みがかってきます。

また表面が非常に滑らかで、木肌の色が淡褐色のため塗装に適しており、

どのような塗装材を使用するかによって表情が大きく変わるので、好みの風合いに加工しやすい素材です。

 

【その他特徵】

日本・中国・ロシアに生息するヤダチモ(タモ材)と性質は非常に近く、

素直で美しい木目を持ち、強度を備えつつも粘りがあって加工しやすいという特性があります。

タモ材以上と評価される粘りと強度を生かし、床・壁・窓枠など確かな強度が必要な建築材に使用されると同時に、

テニスラケットやスキー板、古くは馬車の車輪など加工が必要な道具にも加工されてきました。