ソファ・椅子張は木部の製作から始まるソファや椅子作りの最終工程。

その座り心地を左右する最も重要な工程です。

 座り心地に影響するのは張地の張り具合なので、ファブリックやクッションの中身のみならず、

張りの技術が最も重要な要素です。

また機械を使って行なう木の裁断などと違い、全てが手作業で行なわれるため、

ムラのないように仕上げの統一を要する繊細な作業になります。

 

工程としてはまず、椅子の木枠にクッションの土台となるバネやウェービングテープを取り付け下張りをします。

その上に多層のウレタンフォームや綿を接着していきます。

ウレタンの大きさ、硬さの選定や、張り具合などで座り心地が変わりますので、

生活スタイルや用途に合わせたクッション材が重要となります。

 

その後張り地の切り出し、縫製を行ないます。平面な布に丸みをつけて立体的に仕上げるいせ込みを施すことで、

ふっくらした理想的なクッションになります。

このように立体縫製、柄合わせ、ダブルステッチ、パイピングなど、手のかかる細かい作業が必要です。

適切な大きさに張り地が裁断されていること、正確に縫製がなされていることは仕上がりの美しさを決めるポイントです。

最後にタッカーと呼ばれる巨大なホッチキスのような道具で、張り地にシワができないよう裏面に固定します。

針の刺さる箇所の微妙なズレでも、全体的な仕上がりに影響します。

どの工程にも、ひとつひとつの細かい手作業と熟練した技術が必要となります。